告白が成功しやすい時間帯「黄昏効果」を取り入れよう

気になる相手に告白するときは、気持ちを伝える方法ばかり考えてしまいます。
ストレートに言うのか、それとも遠回しにさり気なく伝えるのか、相手や自分の気持ちを考えながら選ぶでしょう。
しかし、告白をするときに大切なのは、相手への伝え方だけではありません。
告白をするなら、時間帯も考えるようにしましょう。
時間帯を考えて告白するのは、一日の中で人間の思考力や判断力に違いがあるからです。
冷静な心理状態のときに告白しても、成功する確率は低くなります。
逆に正常な判断がしにくいタイミングで告白されると、瞬時に冷静な判断は下せません。
まして異性から告白されているので、それだけで心理状態は不安定になります。
心理状態が不安定なタイミングを見計らって告白すると、相手は冷静な判断がしにくいので、告白をしても成功する確率は高いです。
このテクニックは黄昏効果と言われ、心理学の研究により実証されています。
そのため、恋愛だけでなくビジネスの世界でも使えるテクニックとされ、契約や交渉をまとめるときは夕方に行うこともあるほどです。
ビジネスの世界でも使われているテクニックを恋愛にも持ち込めば、気になる相手とお付き合いできる確率は高くなるでしょう。
告白をするつもりなら、黄昏効果を駆使することを考えんながら、一日の行動を決めると良いです。
例えば告白の前にデートをするなら、お昼頃に待ち合わせをして二人で過ごし夕方頃に告白です。
楽しいデートをしていればいるほど相手からの印象も良くなるので、黄昏効果とともに告白の成功率は上がるでしょう。
また、学生さんが好きな相手に告白するなら、学校帰りがおすすめです。
勇気を出して好きな相手を誘い、二人きりで学校から帰宅している途中に告白すれば、お付き合いできる可能性は上がります。
もちろんデートが楽しくなかったり、二人での時間が良いものにならなければ、黄昏効果を使っても成功率は低いです。
楽しいデートをしたり盛り上がる会話をするなど、恋愛の基本テクニックも重要にはなります。
ビジネスにも使える恋愛のテクニックを使うことも重要ですが、その前の段階にも注意しておくべきでしょう。
自分も相手も楽しめるデートプランを立てたり、周囲も巻き込んででも二人きりの時間を作ったりして、用意周到に準備もして下さい。
周到な準備と心理学でも認められている恋愛のテクニックを使えば、好きな相手と幸せな関係を築くことができます。