合コン中、上手く二人で抜け出すタイミングとは?

合コンは恋人がいない男女がお酒を飲みながら様々な話をして恋愛相手を見つけることができるイベントですが、合同コンパという名称通り合同で行うため、意中の相手がいたとしても話をする機会を持てないこともあります。そんなときは、二人だけで上手く抜け出せばゆっくりと話をすることができるのです。
とはいえ、グループで飲んでいるときに突然抜け出すわけにもいきません。男性側と女性側はある種の協力関係にあり、全ての人がペアで恋愛関係になることを望んでいるのです。参加者全員に好みの相手がいればそれぞれのペアが個別に話をすれば良いのですが、そうそう上手くいくはずもありません。そんな状況で二人だけで抜け出したいと言い出しても認められることは少ないのです。そのため、周囲の人に違和感を持たせずにその場から離れるための良いタイミングを見つける必要があります。
最も良いタイミングは、合コンの一次会が終わったときです。二次会に向かう前に、それぞれが一次会だけで帰宅するいうことを周囲に伝えれば自然に抜け出すことができます。しかし、二人が同じ方向に向かう場面を見られてしまうと疑われてしまうので、一人はタクシーで帰るふりをして、もう一人は電車などで帰るふりをするために徒歩で駅に向かう方法がおすすめです。他の参加者が二次会の会場に向かったことを確認したら合流しましょう。この方法をとる場合は事前に連絡先を交換しておくことが必要です。
また、合コンを解散するときも良いタイミングです。二人の帰宅方向が同じであれば自然と抜け出すことができ、帰宅方向が違うのであれば、タクシーを捕まえて途中まで送るということを伝えましょう。そして、タクシーが発車してから行き先を変えれば良いのです。
合コンの途中で抜け出すのはタイミングを計るのが非常に難しいです。どんな言い訳をしても、他の参加者に二人で抜け出すということを悟られてしまうのです。そのため、多少の強引さはあるものの一方がトイレに立ったときに、席に残った方が二人の荷物を持ってその場を離れてしまいましょう。他の参加者にはあとでメールなどで謝ると同時に二人だけで話をするということを伝えるのです。よほど心が狭い人でなければ、許してもらえます。
合コンは新たな恋愛を始める良い機会になりますが、そのためには合コンの場を抜けて二人きりで話せるタイミングを計ることが必要になります。恋愛関係に至る第一歩でもあるので、慎重に行いましょう。