合コン後“靴をゆっくり履く作戦”で気になる人と個別行動しよう

職場や学校ではなかなか異性と知り合う機会がないと悩んでいる人は、年々増え続けています。それでも恋愛を楽しんでやがては結婚したいと夢見ている人は非常に多く見られます。そんな望みを叶えるために出会いを求めて合コンに参加しているのです。合コンでは、素敵な人は周りの参加者から確実にモテますので競争率がとても高いものです。積極的にどんどん話しかけてアピールすることはとても大切です。自分の存在を認識してもらうことによって距離が近づきますので、思いきって仲良くなるよう努力すると報われる場合があります。
また、それでも席が遠かったり周りの人がいてゆっくりと2人で会話ができなかったと落ち込むケースも多々あります。合コンが終わりに近づいてきて焦ってしまい、冷静な判断ができないと人も多く見られます。しかし、そんな時には気持ちを一旦落ち着かせてゆっくりと靴を履くよう心がけることが成功への近道となるのです。皆が先に出ていく用意をしている間に自分はわざとゆっくりと時間をかけて靴を履いていることによって、1人になり異性が話しかけやすい状態を作ります。すると、まだ残っていたお目当ての人がこの後どうするのと話しかけてくれる場合があるのです。
周りに他の友人たちがいないため、そこからは2人で個別行動を選ぶことも可能です。もしそれが密かに気に入っている相手だったら、そのまま2人きりで美味しいお酒を飲みに街に繰り出すことができ、さらに距離はぐっと近づきます。周りには内緒で抜け駆けしてしまうことになりますが、恋愛では勢いも肝心です。お互いが好きになりそうだと感じたらチャンスを逃すことなく楽しむことも幸せへの一歩といえます。
個別行動を選ぶことによって、競争率の高い素晴らしい相手と恋愛関係に発展することにも結びつき、幸せな結婚まで一気に進む可能性もあります。いかにチャンスを逃さずに迅速に動けるかは、恋愛初心者にとっては非常に難しいテクニックといえます。2人きりになると相手の違った一面に気づくこともできますし、新鮮な気持ちで愛情を深めることにもつながります。
このように、合コンの帰り際には大人数の場所から少し離れてみることによって、思わぬご縁に巡り合うこともあるのです。そのチャンスをしっかりと掴んで自分の直感を信じて行動することも、時には必要といえます。誰よりも幸せになるために、スピーディーな判断力と実行力はとても重要な要素です。