意外と見られてる。合コン中は食べ方に要注意!

恋人がほしい、結婚相手を探している、そういった人が行う方法で最もポピュラーなのが合コンです。大学生や社会人にとっては、それぞれの生活圏外の人と知り合えるチャンスなので積極的に参加したいですが、ここでモテるためにはいくつか注意が必要になってきます。清潔感のある綺麗な格好をする、言葉遣いを丁寧にといった基本は大切ですが、意外と忘れがちなのが食べ方です。
マナーというのは男女どちらにとっても大切で、所作が綺麗だと全体的に好印象を与えます。特に男性は女性の仕草をチェックするタイプが多く、恋愛相手と考えている時は評価が厳しくなりがちです。見た目の美しさも重要ですが、性格や所作といった部分も気を付けなければいけなく、これらは外見と違って努力次第で向上できるので頑張ってみることをおすすめします。
恋愛の相手というのは今だけではなく、将来を共に過ごすことを考えて求めるはずです。その時にマナーが悪いのはマイナスで、一緒にいて恥ずかしい相手をわざわざ選ぶこともないので、印象を良くしたい時は自らの所作を気を付けるようにしてください。外見を飾り立てるだけではなく、中身も大切になってきます。特に今だけの恋愛相手を探しているのではなく、将来を共にする相手を求めている男性は、マナーもしっかりとチェックしてくるものです。それゆえ所作も重要になってくるので、合コンでは気を抜かないようにする、可能なら綺麗な食べ方をマスターしておくと将来的にも役立つのでおすすめです。
恋愛において相手に求める内容は人それぞれ、好みも違っているのが普通と言えます。ただマナーというのは身に着けておいて損はなく、役立ってくれるはずです。男性からの受けだけではなく、自分自身に対しても恥ずかしい思いをすることがなくなります。所作の美しさは人に好印象を与えますから、メイクの練習をするように学んでおくといいです。
合コンでモテるためにはさまざまなテクニックが必要ですが、その中でも基本となるのが食べ方や立ち居振る舞いといったものになります。男性はそういった部分を意外と見ていますので、意識して行うことによって好印象を与えることができるのです。外見を磨くことも大切ですが、一緒にいたいと思わせるのは内面であり、所作が綺麗というのは地味ですがモテポイントが大きくなります。素敵な相手と巡り会うためには、自分自身も隣にいたいと思わせる女性になる必要が出てくるのです。

食べ物を取り分ける女はガードが固い説の真相

食べ物を取り分ける女はガードが固いです。一説がありますが、けっこう良いところを突いていると思います。合コンに行っても稀に、キッチリと食べ物を取り分ける人がいますが、白と黒、アレとコレを分別する女の可能性は高いです。アバウトでも良いだろう、という考えを持つ人もいますが、実際に合コンは楽しんで飲んだり食べる、話し合う場所です。キッチリと食べ物を取り分ける女性だと、人間関係はやりにくいかもしれません。態度にもよりますが、意外と大人しめな人や無愛想な人の方が、対人関係はやりやすいと思います。しかし、笑顔で感じが良く、食べ物をしっかりと取り分ける女はかなりガードが固いです。仮面(ペルソナ)を上手く被りつつも、食べ物は厳密に分ける人は固いです。

食べ物は「性行為」と関係があります。人と一緒に食事を食べるのは、心理学において一種の「性行為」と見做しています。食欲と性欲は隣り合わせであり、人前で食事したがる人は肉体関係が好きで肯定的な人が多いですが、人前で食事したがらない人は性欲が弱くて、否定的な可能性あるのがポイントです。恋愛でも食事したがらない相手は、性欲が弱いか潔癖気味な可能性が高めと言えます。話は戻りますが、食べ物と性欲が関係あることに目を向けると、合コン中に食べ物をしっかり取り分ける女は『肉体関係を持つ相手を選ぶ』という事にもなります。

なぜ『それ』になるかですが、食べ物をアバウトに扱う人は肉体関係にも解放的になれます。食べるイコール、肉体関係と捕らえられるからです。しかし食べる物(性欲の象徴)をアレコレ分ける人は相手を選びます。他にも理由がありますが、物を分別したがるイコール、自分と相手の距離を置きたがる人という事です。区別したがるという事は、差を見たがるという事です。観察するのが前提ですが、観察するという事は距離を置いてできる事になります。よって分別は結果的に距離を置くという事を証明します。恋愛や肉体関係の基準が軽い人は食べ物もあまり選ばず、分別も大して気にしないです。したがってガードが固い説は、事実の可能性が高いのが真相です。

しかし、あくまで一例ですから、例外があります。単に食べ物を分けるのが[癖]の時は注意です。環境が理由でそのような癖が付いた場合は、恋愛でガードが固いと限らないと判断できます。もう一つは[遺伝]です。人は親の遺伝子(DNA)が記憶した情報を引き継いでいます。例えば、「お母さんに似ていて、物を良くきちんと整理する癖がある」とかありますが、親に似ているからといって、ガードが固いとも限らないと思います。それらは注意してほしいです。説の話の真相は当たりだと判断しています。恋愛関係や合コンに使えたら幸いです。

気になる人をLINEで落としたいなら…今すぐ“?”を使おう!

恋愛テクニックとして押さえておきたいことといえば、相手と共通の趣味を持つということですが、趣味までいかなくても、関心事が一緒であれば、恋愛シーンにおいて、相手との距離を縮めやすくなるものです。
ちなみに、もっとクリアしやすいのが、同じことをするということで、些細なことであっても、同じことをすれば歩調を合わせやすくなり、恋愛シーンで役立つものです。
例えば、気になる人と同じくスマートフォンを持ち、同じくLINEをするだけで、親近感が湧きやすくなります。ただし、ただLINEをやっているだけではいけません。恋愛シーンにおいて、効果的なLINEの仕方というのがありますので、それを覚えておく必要があります。
気になる人とLINEで会話をする時には“?”を使うというテクニックを押さえておく必要があります。“?”を使わずにやり取りをしていると長続きせずに終わってしまったり、薄っぺらい会話が続いて、退屈な思いをさせてしまうことがあります。これでは、とてもうまくはいきません。
やり取りをしていく中で、好きな食べ物や好きなスポット、休日の過ごし方などを“?”を使ってきくことで、相手の新しい情報を入手できますから、会話の幅が広く厚くなり、楽しい気持ちで長続きさせやすくなります。
相手の関心事が把握できたら、そのことを中心に話を展開していけば、退屈させにくくなり、喜んでもらいやすくなることでしょう。
ちなみに、LINEでのやり取りで“?”を使っていく時には、使用頻度に注意する必要があります。また、内容に気をつける必要もあります。
いくら“?”を使うのが効果的だからといって、何度も何度も質問を繰り返していたら、答えるのに疲れてしまうものです。取り調べを受けているような感覚になって、息苦しさを覚えてしまう人もいるでしょう。ですから、使いすぎないことが重要です。
さらに、相手が答えづらいことや不快に思うようなことを質問しないことも重要です。まだ大して距離を縮まっていない人には、プライベートなことは話しにくいものです。また、まだよく自分のことを理解していない人に、性格的なことや身体的なことを言われると不快に思うものです。
気持ち良くすぐに答えられないような質問は、相手にとってストレスになるだけです。ですから、そういった内容を避けて言葉を投げかけることが大切と言えます。
行ってみたい場所を聞いて、その場所のマニアックな情報を提供することで、興味が引けて、一緒に行ける展開になるかもしれません。こういった楽しい流れをイメージしながらやり取りしていくと効果的でしょう。

ベタだけどやっぱり可愛い!上目遣いをマスターしよう

恋愛において、モテる女性というのはちょっとした仕草のポイントが高く、ベタだけど男子に絶大な効果があるのが上目遣いで、ちょっとしたテクニックを知ってマスターしておくと役立ちます。見た目の綺麗さや可愛らしさというのは第一印象を大きく左右しますが、その後にポイントを上げていくには仕草が重要になってくるのです。
そして上目遣いというのは男性の守ってあげたいという気持ちを刺激するもので、常にするとあざとさを感じさせてマイナスになりますが、ここぞという時を狙って行うとポイントを稼ぐことができます。作り方はもちろんのこと、するべきポイントを知っておくと失敗せずに済むので、タイミングの取り方も覚えておいてください。
合コンをはじめとして、恋愛に関して男性の心をドキッとさせる仕草である上目遣いですが、作り方にはポイントがあります。大切なのは身長差を意識させることで、自分よりも小さな存在というのは本能的に守るべき対象としてインプットされていて、そういった点を重視することが大切です。やり方としては気持ちをリラックスさせて顎を軽く引き、チラッと見上げるようにします。下から舐めあげるように見るとガンを飛ばしていると思われてしまうので、軽く引く程度がポイントになります。そしてあくまでチラッと一瞬であることが重要になり、男性も場数を踏んでいれば女性の得意な仕草を知るようになり、あざといと思われると失敗に終わります。テクニックとしては、困ったようにチラッと眺めるくらいに留めると効果的です。気を付けたいのは周囲に女性がいないタイミングで行うことで、同性だと可愛らしさというよりもずるい、ぶりっ子と映って反感を買ってしまいます。そうなると水面下で敵対してしまうので、その後がやりにくく、タイミングを見計らうことが重要です。
男性に恋愛感情を抱かせるには、ドキッとした気持ちを持ってもらうことが重要になります。その際に役立つのがちょっとした仕草ですが、上手く使わないと逆効果になってしまうかもしれません。それゆえ男性の恋愛感情を自分に対して意識させるために上目遣いをする時は、事前にしっかりとマスターして、周囲の状況を見計らって行うと成功率が高まります。中途半端に行うとあざとさを感じさせてしまうので、リラックスしてさりげなくがポイントになります。テクニックを知っておくと役立つので、参考にして練習をしてからチャレンジしてください。

告白が成功しやすい時間帯「黄昏効果」を取り入れよう

気になる相手に告白するときは、気持ちを伝える方法ばかり考えてしまいます。
ストレートに言うのか、それとも遠回しにさり気なく伝えるのか、相手や自分の気持ちを考えながら選ぶでしょう。
しかし、告白をするときに大切なのは、相手への伝え方だけではありません。
告白をするなら、時間帯も考えるようにしましょう。
時間帯を考えて告白するのは、一日の中で人間の思考力や判断力に違いがあるからです。
冷静な心理状態のときに告白しても、成功する確率は低くなります。
逆に正常な判断がしにくいタイミングで告白されると、瞬時に冷静な判断は下せません。
まして異性から告白されているので、それだけで心理状態は不安定になります。
心理状態が不安定なタイミングを見計らって告白すると、相手は冷静な判断がしにくいので、告白をしても成功する確率は高いです。
このテクニックは黄昏効果と言われ、心理学の研究により実証されています。
そのため、恋愛だけでなくビジネスの世界でも使えるテクニックとされ、契約や交渉をまとめるときは夕方に行うこともあるほどです。
ビジネスの世界でも使われているテクニックを恋愛にも持ち込めば、気になる相手とお付き合いできる確率は高くなるでしょう。
告白をするつもりなら、黄昏効果を駆使することを考えんながら、一日の行動を決めると良いです。
例えば告白の前にデートをするなら、お昼頃に待ち合わせをして二人で過ごし夕方頃に告白です。
楽しいデートをしていればいるほど相手からの印象も良くなるので、黄昏効果とともに告白の成功率は上がるでしょう。
また、学生さんが好きな相手に告白するなら、学校帰りがおすすめです。
勇気を出して好きな相手を誘い、二人きりで学校から帰宅している途中に告白すれば、お付き合いできる可能性は上がります。
もちろんデートが楽しくなかったり、二人での時間が良いものにならなければ、黄昏効果を使っても成功率は低いです。
楽しいデートをしたり盛り上がる会話をするなど、恋愛の基本テクニックも重要にはなります。
ビジネスにも使える恋愛のテクニックを使うことも重要ですが、その前の段階にも注意しておくべきでしょう。
自分も相手も楽しめるデートプランを立てたり、周囲も巻き込んででも二人きりの時間を作ったりして、用意周到に準備もして下さい。
周到な準備と心理学でも認められている恋愛のテクニックを使えば、好きな相手と幸せな関係を築くことができます。

好意の返報性とは?さり気なく男性に好意を伝えるアピール術

【好意の返報性とは何だろう?】
好意の返報性とは、「相手から自分に向けて好意を受けた場合には、その相手に何かしらのお返しをしなければならないなあ」と考える心理のことです。例えばとても有名な例であれば、試食や試飲などをさせてくれる店舗さんがありますが、ああした試食や試飲をさせてくれた、飲食をくれた、という好意などをお客さんが向けられることで、「それじゃあいただいたことだし、買わないと悪いかな」と思う心理のことです。実際に食べて美味しいから買おう、という気持ちになることもありますが、このように優しく好意を示してもらうと、何だか悪い気がしませんね。

【恋愛テクニックに使える好意の返報性】
実はこれは、恋愛テクニックにも使える方法なのです。その理由は上記の通りなのですが、次のような心理も働きます。例えば、会社の誰かから、お土産などをもらった場合、特にその人のことが気に入っていなくても、またそんなに知らない人であっても、「お土産をもらった」「この人からお土産をいただいたからお礼をしよう」という気持ちになるものです。そこから、「何だか急に気になる人」になることがあります。とりあえず好意をいただいたので、お返しをしなければならないだろう、という気持ちがわき起こるからです。これは、ちょっと苦手な先輩、でも好きな先輩にも使える技であって、何かミスなどをしてしまった後に、お詫びです、といってこのように何かしらのお礼を、旅行のお土産などとして渡すことで、先輩に気にかけてもらえることもありますよ。

【気になる相手には返報性でアピールしよう】
このように色々と便利なものですから、ぜひ、恋愛においてもこのアピールを行ってください。まず、大企業に在籍している人などの場合には、まったく知らない相手の人が多いです。同じく大きな組織などに在籍している場合、相手のことが気になっても、なかなかお近づきにはなれないものです。特に人気がある異性の人であればなおさらなもの。こうした際に、ちょっとしたアピールで、相手に気にかけてもらえることから、恋愛というものはスタートする可能性が出てくるので、ぜひ、使ってもらいたいアピール術です。これは、実はバレンタインなどの行事にも使われているもので、まったく知らない後輩や同級生から、いきなりチョコレートなどを受け取る場合がありますね。そうした際にも 、自分自身のことを好きで、チョコレートを用意してくれた人がいる、こんな心理に感動して、それでは付き合ってみようかな、という意識が働きます。もちろん、外見などがあまりにも清潔でないなどの、許容範囲というものはありますが、これもアピール術の一つなので、バレンタインなどの時期などは、ぜひ、このテクニックを活用してみましょう。

あえて返事を少し遅らせる?!相手の興味を引くLINE術

恋愛で相手の興味を引くテクニックとしてあえて返事をあいまいにしたり、遅くしてみたりといった方法があります。恋愛中はとにかく相手のことが知りたかったり、自分のことを気にしてほしいという心理が働きます。
だからLINEで連絡を取り合っているときも、既読になったらすぐに返事が欲しいと思うのもわかると思います。
そこであえて返事をするタイミングを遅らせることで、相手にさらに自分のことを意識して興味を引くことができるのです。
スマートフォンに届くLINEに返事が来るのを待って、来ていないことが分かっていてもついつい見てしまうという心理は恋愛中でなくてもわかるのではないでしょうか。
恋愛をしていると特に相手にとって自分が一番でいたいという心理も働きますから、LINEの返事がすぐに来るというのはうれしいことですし、自分に興味を持ってくれているなと思うこともできます。
また恋愛関係になっていないときは特にすぐに返事が来れば、自分に気があるのかもと思えてしまうものです。
何度もメールのやり取りをしていると、返事が来るのが当たり前という感覚になってきますので、そのタイミングであえて返事を遅らせてみると、相手は返事が来なくてどうしたのだろうと、なにかあったのかなというように、気になるようになるのです。
一度意識してしまうと、それがだんだん気になる人へと変わってきて恋愛関係に発展していくこともおかしくありません。うまくタイミングをずらしてあげるテクニックを使うことで、相手の気持ちを自分に引き寄せることができるのです。
恋愛中も使えるテクニックで、より自分に興味を持ってもらうことができます。
ただ注意しないといけないのが、タイミングを間違ってしまうと逆に気持ちが離れてしまう可能性もあるということです。ちょくちょく返事が遅れるのが当たり前になってしまうと、返事が来ないのが当たり前の人だと思われてしまいますし、すぐに返事が欲しい重要な案件の時にあえて返事を遅らせてしまったために関係がおかしくなってしまう、ということも考えられますので、恋愛テクニックとしてLINEの返事をあえて遅らせるといった方法はタイミングを見極めることが大切なポイントになります。
昔から相手をじらして自分に興味をひかせるというテクニックはいろいろな場面で使われています。効果が高い反面、相手の気持ちを冷ましてしまう可能性もあるので、しっかりとタイミングを見極めて活用していくとよいのではないでしょうか。

第一印象では分からなかったギャップをチラ見せしよう!

【誰でもギャップには弱い】
恋愛においてこちらはとても重要なものです。よく、モテる男性やモテる女性ほど、髪形を頻繁に変えることで、「いつもとは違う一面」を見せるとされています。これは恋愛において、とても良い印象を残すことが出来るもので、「このような一面があったのか」と新しい印象を相手に持ってもらうことが出来るため、モテモテになりやすくなります。女性の方の中には、「ぶりっこをするのは嫌だ」という観念をお持ちの方が多いですが、このような「ぶりっこ」に抵抗があるのであれば、逆に、こうした一面を見せるのではなく、「ギャップ」によって可愛い一面を見せる方が効果的なこともあります。また、特に長くお付き合いしているカップルなどの場合には、「慣れ」というもの が生じてきてしまうため、お互いに刺激というものが少なくなってしまうものです。こうした際にも、今までにはなかったという、「新しい一面」を相手に見てもらうことで、また斬新な良い印象を残すことが出来るとされています。
【印象が悪いほど良い印象を残すことができる】
この他にも、第一印象によって、ギャップというものは良い効果を示してくれることがあります。例えば第一印象が悪かった相手にほど、このような「違う一面」というものは強くインパクトに残ります。これは、「最初は相手のことがいいとは思えなかった」という、あまり良くないイメージを持っているケースほど、素敵な一面を相手から見せられると、意外にも恋に落ちてしまうという心理です。いつもはあまりしゃべることがなく、暗い印象のような女性の方が、実はプライベートなどではとても繊細で笑顔でいることが分かった場合、またとても優しい一面を、見せてくれた場合などには、相手にとても良いインパクトを残すことが出来ます。逆に相手が「とても素敵な人だ」と思っていた人が 、「とても性格が悪い人」などといった、悪い一面を見てしまった場合などには、恋愛において悪いインパクトを残してしまうことになります。これは例えば「子どもが大好き」と言っていた女性の方が、彼氏が見ていない前などで、子どもに悪態をついているシーンなどです。このような場合には、恋愛に関しても、かなり悪い印象を相手に植え付けてしまいます。
【恋愛において重要なテクニック】
このように、恋愛においてギャップというものは、とても強いインパクトを残すものであり、重要なテクニックの一つと言えます。恋愛において重要だとされているものが、心理学で分析されていますが、その一つにも「ギャップ」というものが示されています。特に女性の場合には、綺麗な洋服やお化粧などで、かなり違う一面を男性に残すことが出来ますし、恋愛で利用する際には、とても使いやすいテクニックです。

あくまでもさり気なくが重要!“ミラーリング”が利用できる場面

ミラーリングという言葉はパソコン用語として使われることが多いですが、恋愛におけるテクニックとして使われることもあります。

恋愛において、相手を好きになるきっかけとしては大きく分けて4つあります。1つはルックスの好みです。ルックスが好みな人は、無条件で好きになってしまうことがあります。

頻繁に会っているということも重要です。頻繁に会っていて相手のことをよく知っているほど、好きになる可能性は高くなります。

相手が自分のことを好きでいてくれることも重要です。いくら自分が相手のことを好きでも、可能性がゼロということがわかったら、他の相手を探そうと思ってしまうでしょう。逆に、相手が自分のことを好いてくれているということがわかると、自分もその相手のことが好きになるということがあります。

そして、残りの1つの要因が、自分と似た人を好きになるということです。ミラーリングは、「あなたと私は似ていますよ」ということを相手に伝えるためのテクニックの1つです。

ミラーとは鏡を意味します。相手のちょっとしたしぐさなどをまるで鏡うつしのように真似るというテクニックがミラーリングです。座り方、しぐさ、手の位置、ドリンクを飲むタイミングなど、真似るポイントはたくさんあります。

しかし、相手に「自分のことを真似している」ということを気づかれてはいけません。気づかれてしまったら、「なぜこの人は真似をするのか?」という警戒心が生まれてしまうからです。あまりしつこく真似をしてしまうと、「ふざけているのか?」「バカにしているのか?」というマイナスの感情に変わってしまうこともあるので要注意です。

恋愛においてミラーリングのテクニックは有効ですが、相手に気づかれないようにさりげなくやるということは意外と難しいです。

恋愛経験が少ない人は、相手のことをいつも見ているので、自然と相手のしぐさなどを真似てしまうということがあります。自然にふるまっていたらうまく行くこともありますが、恋愛上級者になるためには狙ってやるということが重要です。

頻繁に顔を合わせる相手ならば、いくらでもチャンスはあります。頻繁に顔を合わせる相手の場合、むしろ「真似をしている」ということに気がつかれてしまうという機会が多いということのほうに気をつけるべきでしょう。基本的には真似をしないようにして、ここぞというタイミングでさりげなくミラーリングを利用してみましょう。

慣れてくると、相手に全く警戒をさせずに行えるようになってきます。しかし慣れないうちには多用は禁物です。なにごとも経験です。最初のうちは気づかれないようにさりげなくということを意識するようにしておきましょう。

ドキドキの共有!「二人だけの秘密ねっ」で男は落ちる

恋愛もまたスポーツやゲームのようなものです。生まれ持った才能が物を言う世界であり、生まれながら魔性の魅力を持つ女性もいらっしゃいます。そんな魔性の女性は特にテクニックを学ばなくも世の男性陣を魅了する事が出来ます。しかし、世の中の99パーセントの女性は恋愛について、天才ではありません。これは厳しい事ですが、れっきとした事実です。そのため、恋愛を無事に成功させたいと思っている女性陣はテクニックを学びましょう。まさにスポーツやゲームの世界と同じですが、才能だけに物を言わせた天才だけが勝利出来るのではなく、技術と経験を積み重ねる事で普通の女性でも、十分良い成果を得られます。

魔性の魅力を持つ美女だけが恋愛で大成功出来る、普通の女子である自分には到底恋愛なんて無理だ、こういった気持ちを最初から抱く人々もいますが、それは本当にもったいない事です。誰も最初からホームランを打つ事は出来ません。とにかく打席に立って、空振りでも良いのでバットを振るところから始めなければいけません。最初から最高の恋愛をしようとする完璧主義者な女性もいますが、どんな方でも初めのうちは失敗の連続です。

男性を落とせる魅惑のテクニックですが、やはり「二人のだけの秘密」いったフレーズに男性陣は弱いです。自分だけに心を許してくれている、自分だけは他の男子よりアドバンテージを得られている、こういったポジティブな感情を懐きます。ただし普段から乱用するのは禁物です。意中の男性とツーショットになった時、本当にここぞという場面で使うのがおすすめです。

「この場所でキレイな虹を見たのは二人だけの秘密にしておこうね」や「貴方だから、悩みをストレートに打ち明けられたの、恥ずかしいから絶対に秘密にしておいてね」といったフレーズも効果的です。とにかく男性はそういった秘密の共有に弱く、ここぞという場面で使えれば確実に相手を落とせます。魔性の魅力を持つ美女は、知らず知らずのうちにそういった男性が落ちるセリフを会話の中で使っています。

秘密の共有は非常に効果的なテクニックであり、どんな女性でも使えます。ただし有言実行が大事です。言葉だけ使って、内緒の出来事や内容を他人に話してしまったら、意味がなくなります。むしろ逆効果です。男性からすると、口では内緒だと言っていたのに、その出来事を別の女友達から耳にした場合、信頼が置けない女性という評価になります。