大きめリボンにフリルのスカートで天使のようなカフェ店員コスプレ

画像:リボン

コスプレをするのなら、着てみたい衣装に身を包みたいと思うのが女心です。
カフェ店員はメイドよりも気軽にできるのに、かわいいという特徴もあります。
リボンなどのアイテムを加えることで、自分の個性も出すことができます。

フリルのミニスカートに白のニーハイで絶対領域を作る

カフェ店員のコスプレをする上で欠かせないのが、絶対領域です。
絶対領域とは、ニーハイとスカートの間から見える太もものことで、わずかに見える素肌がたまらないと感じる人が多いようです。
カフェ店員の制服はスカートが膝よりやや短いことが多く、コスプレをする際にはミニスカートが多用される傾向にあります。
せっかくコスプレをするのであれば、かわいくフリルのミニスカートを選びましょう。
ピンクや水色の一色のデザインもかわいいですが、チェックの布地を選んでもいいです。
そして、絶対領域を作るためのニーハイは白がおすすめです。
ブラウスも白を選ぶ人が多く、清潔感のあるカフェ店員になることができるでしょう。
ニーハイは膝よりも長さのある靴下のことを言いますが、座ったり立っていると、だんだんと落ちてきてしまいます。
靴下を止めるためのノリも販売されていますが、かぶれてしまう場合は、白や透明の輪ゴムで押さえるという方法があります。
近くで見なければ意外と気付かれないもので、本格的な撮影の際にはすぐに外すことができるので便利です。

声は重要!酒焼け声、風邪声は絶対NG

フリルのミニスカートに白のニーハイでかわいいカフェ店員の姿になることができたら、他にも気を付けることがあります。
コスプレは見た目の印象を追い求める人が多いですが、せっかく素敵なコスプレをしていても話しかけたらがっかりしてしまったという経験をした人は多いでしょう。
視覚と同様に人に与える印象の中で大きな割合を占めるものが声です。
酒焼けした声や、風邪声は絶対にしてはいけません。
普段話す声よりも少し高くすると、カフェ店員らしさが出るのでおすすめです。
実際にお店に行って、オーダーをとる様子を観察するのもいい方法です。
手にトレイを持ったり、小物の準備も忘れないようにします。
衣装と声をしっかりと準備すれば、コスプレの完成度は大きく上がります。
自分で衣装を作るとイベント前には睡眠不足になってしまうかもしれません。
冬にブラウス1枚だと寒く、体調を崩しやすくなってしまうので気を付ける必要があります。
万全の体制で準備すれば、安心感もあるので心からコスプレを楽しむことができ、気持ちはカフェ店員になりきることができます。