コスプレで危険な香りの婦人警官に!

画像:婦人警官

コスプレの題材は数え切れないほどありますが、婦人警官は女性コスプレイヤーに人気の衣装です。
映画や漫画の悪役に扮しているほかのコスプレイヤーを逮捕するというコミュニケーションを取ることができるためおすすめです。

セクシー婦人警官は黒レザー

婦人警官のコスプレをするときにまず注意しなければならないのが、本物の婦人警官と間違えるほど精巧な衣装を着てはいけないという点です。
警察官の制服は当然のことながら警察官しか身につけることが出来ず、本物を連想させる似たような服を着ると軽犯罪法違反となってしまうのです。
そのため本物に似せるのではなくあくまで婦人警官のイメージをもったオリジナルの衣装を着るようにしましょう。
たとえば、セクシーな婦人警官をイメージした黒レザーを使ったコスプレがあります。
本物の制服には当然のことながら黒レザーは使われていないため間違えられることがないことに加え、セクシーな出で立ちで場の中心になれることは間違いありません。
逮捕されたいという男性コスプレイヤーが周囲を取り囲んでくれるはずです。
セクシーさをアピールするために身体にフィットしたサイズにして、短パンとノースリーブにすればイメージ通りのセクシー婦人警官になります。
足下も黒レザーを使ったロングブーツにするとスタイルがよく見えてさらにセクシーさを醸し出すことが出来るのです。

手錠やモデルガンの小物をプラス

セクシー婦人警官に欠かせないのが手錠や拳銃などの小物です。
婦人警官のコスプレをすると逮捕しているシーンを撮影したいとお願いされることも少なくないので、こういった小物を用意しておかないと期待に応えられません。
当然のことながら本物は用意できないためできるだけ精密に作られたものを持っておきたいですが、トラブルを避けることを第一に選ぶことが大切です。
手錠はおもちゃのなかでもカギがなくても開くものをチョイスします。
万が一鍵を無くしてしまっても安心できるだけでなく、コスプレ中の荷物を減らすことにも繋がります。
拳銃はエアガンを選んでしまいがちですが質感の面ではモデルガンの方がリアルです。
モデルガンはカートリッジをセットすると引き金を引いたときに実際に発砲の音と火花を出すこともでき、リアルさを追求するなら選んでおきたいところです。
しかし、不意に大きな発砲音をさせてしまうと周囲の人を驚かせてしまうこともあるため個人撮影会などでなければカートリッジは抜いておく方が無難です。
同様に、エアガンを使う場合も弾は入れないようにしておきましょう。