レース場の勝利の女神!レースクィーンコスプレ

画像:赤

レース場の勝利の女神といえばレースクイーンです。
勝敗の行方も左右するのではないかと思わせる魅力があり、男性はもちろん、女性をも惹きつける魅力があります。
コスプレをする際は、その魅力を最大限に引き出しましょう。

セパレートタイプで胸元はオープンに

レースクイーンの衣装は大きく分けて2つのタイプがあります。
ワンピースのように上下がつながっているタイプと、セパレートタイプといって、上半身と下半身にそれぞれが分かれているというタイプです。
せっかくコスプレをするのであれば、セパレートタイプがおすすめです。
ミニスカートとタンクトップのような衣装ですが、上半身はおへそが見えるデザインなどもあります。
胸元はオープンにして、露出の高いものを選ぶと本物らしくなります。
人気のあるコスプレなのでカラー展開も豊富ですが、すっきりと見せる青がいいでしょう。
中には、全体的には黒い衣装なのに、部分的に青が入ることでクールな印象を与えるものもあります。
選ぶときは正面から見たデザインが気になりますが、後ろ姿も重要です。
背中が大きく開いたデザインもあり、コスプレの再現率を高めることができます。
レースクイーンは露出が高い服装が多いですが、足元はロングブーツです。
ロングブーツが難しい時は、ピンヒールを使っても構いません。
青い衣装であれば、白い靴ですっきりと見せることもできますし、黒で引き締めることも可能です。

アンブレラを持って笑顔で手を振る

レースクイーンのコスプレをする時に、欠かせないアイテムがあります。
それはアンブレラです。
テレビなどで、赤や青、白が使われた大きなアンブレラを見かけたことのある人も多いでしょう。
サーキットパラソルという名前で販売されている商品で、カー用品を扱うお店で誰でも購入することができます。
メーカーのロゴが入っているものも多く、衣装に合わせて選ぶのがポイントです。
アンブレラは、雨傘と比べて大きなサイズになります。
手がすべってしまうことがあるので、グローブを用意しておくのもいい方法です。
グローブは革製にして本物らしさを追求します。
また、レースクイーンの魅力は自然な笑顔です。
ただ笑うのではなく、周りの人を見て手を振りましょう。
こうすることで、みんなに愛されるレースクイーンになるでしょう。
一カ所にいるだけでなく、歩きながら周囲を見渡し周りの人に笑いかけるという練習をしておきます。
意外と広い視野が必要で、ピンヒールをはいていると歩きにくいので、足元に気を配ることも忘れてはいけません。
アンブレラを持ちながら手を振るというのも、慣れないうちは難しい動きです。